ベビーシッター!便利

  • ベビーシッターは働くママの強い味方

    • 女性は出産したら仕事を辞めて家庭に入り、子育てに専念するというのがひと昔前までの定番でしたが、現在では子どもを産んでも仕事を続けるというワーキングマザーの数が右肩上がりで増えています。



      そんな働く女性にとっての強い味方がベビーシッターです。

      最近ではベビーシッターの資格取得のための認定試験が設けられ、より質の高いプロのベビーシッターを確保できる可能性が広がりました。


      運よく保育園に入れたという家庭でも安心はできません。

      もし子どもが伝染病をもらってきたら場合によっては1週間ぐらい保育園を休まなければなりません。

      しかし、会社を突然1週間休むということはかなり困難なことです。


      それから急な残業が入ってしまった時も、保育園の延長保育にも限界があります。
      そんな時に頼りになるのはベビーシッターです。


      シッターさんを派遣してくれる会社を探して登録しておけば、自分の都合に合わせてお願いすることができます。

      初回はお試しプランを設定しているところがほとんどなので、上手に利用しましょう。


      慣れてくるとお気に入りのシッターさんを指名することも可能です。


      予め仕事などの予定が入っていることがわかったら、なるべく早めに予約を入れて確保するようにしましょう。



      会社によってはキャンセル料が発生する場合があるので注意してください。



      信頼できるベビーシッターを見つけることができたら、時々は自分の息抜きのために数時間子どもを預けるということも、仕事と育児のストレスを解消する方法のひとつです。