ベビーシッター!便利

  • ベビーシッターになるために必要なこと

    • ベビーシッターになるためには、特別な資格などは必要ありません。


      一番重要なことは、預かる子供とのコミュニケーションをしっかりとって、危険から守るという強い責任感を持つことんです。



      ただベビーシッターとして働くときに、保育士資格や幼稚園教諭の免許状を取得していたら、依頼する側からは信頼できる要素とみなされます。

      T-SITEの為になる情報です。

      保育士資格や幼稚園教諭の免許状を取得するときには、保育士養成所や大学、短大などで専門的な勉強を受けています。
      専門的な知識があることによって、子どもとのコミュニケーションの取り方が上手になったり、子どもが万が一熱を出したときなどの対処方法も把握することができます。
      看護師資格を持っていると、体調を崩しやすい子供に対応しやすいので、依頼主からも求められることが多くなっています。

      また、看護師や幼稚園教諭の免許状など国家資格の他に、ベビーシッターには民間の資格もあります。

      認定資格を取得していたら、ベビーシッターの派遣会社に登録するときにも有利ですし、雇用条件も良くなる場合があります。

      さいきんでは働くお母さんが増えたことから、民間の保育所や企業内に設けられた託児所の数が増えています。
      預けられる子供が増えると同時に、ベビーシッターを雇いたいと考える人も増えていますから、雇用条件は良くなっている傾向が強いです。

      特に早朝や深夜など子供を預かる場合は、時間外手当がつくことが多いので、給料面ではかなり魅力的な仕事だといえます。